歯科

予防をする

審美歯科という美意識の向上

歯医者

みなさんは審美歯科をご存知でしょうか。審美歯科とは虫歯や歯周病を治療することだけを目的とせず、歯や口腔全体を美しく健康な状態に戻すことを目指しています。例えば歯を白くするホワイトニングやオールセラミックなど、素材がセラミックで作られたものを用いる治療を行います。近年では虫歯や歯周病になってから審美歯科に行くという今まで治療の流れから、口腔内の美しさを保つ予防歯科へと意識が変わってきています。また美しさの追求は進み、歯並びをよくしたりかみ合わせの改善をする、また歯の形へのこだわりや歯茎をきれいにするなどの美へのこだわりや需要が増えています。このように多くの方の審美的な意識の変化から審美歯科の必要性が高まっています。

歯科治療の常識の変化

最新の歯科治療にセレックシステムというものがあります。セレックシステムとは歯の詰め物を短時間で作成できる最新鋭の機械を用いた治療のことです。今までの歯科治療では歯形をとり詰め物を作るのに一週間くらいの時間と人手が必要でした。しかしこのシステムでは治療期間はわずか一日で終了し人手も必要としないので料金も抑えられます。セレックシステムは3D光学カメラを使用し口の中を撮影し、コンピューターを用いて作成するため精度の高い詰め物を作ることが可能となっています。そしてセラミックのブロックを使用しているので、耐久性にも優れているというメリットがあり金属のアレルギーのある方にも適している治療といえるのではないでしょうか。ちなみに最先端の治療なのでこれからの普及の加速により料金もいまよりもさらにリーズナブルになることでしょう。